2016.8.9 更新

夏の漢方薬

ウイン調剤薬局北寺尾店 漢方認定指導薬剤師 須田 麻子

梅雨も終わり、暑い夏がやってきました。
近年は異常気象が続き、気温の上昇がみられます。一部の地域では40度を記録する事態となっています。そこで、問題となるのが熱中症です。熱中症で救急搬送された方は2010年以降、増加傾向にあります。
夏を元気に過ごすために、暑さに対する健康管理が大事なポイントになります。
熱中症の原因としては、食欲不振による栄養不足、胃腸の疲れによる消化能力の低下、暑さによる睡眠不足など様々な原因が考えられます。
このような症状にどのように対応していくのか。
西洋薬では、症状に対してピンポイントで効果が期待できます。しかし、熱中症のような体のバランスが崩れて症状として現われている場合、漢方薬の得意分野ではないかと思います。
熱中症に対する主な処方として清暑益気湯や補中益気湯などがあり、これらは、「ニンジン」と「オウギ」という2種類の生薬が入っています。この2つの生薬が入ったものをジンギ剤と呼び、疲労回復や滋養強壮に効果があるとされています。
それぞれどんな症状の人に合うのか。

TOPICS Back Number

もっと見る→

新店舗情報